セブンシステムは太陽光発電、蓄電池、オール電化で快適な暮らしをご提案します

お問い合せは、0120-777-233お問い合せ

太陽光発電の5つの疑問

太陽光発電のプロが答える気になる5つの疑問

太陽光発電って本当にお得?

節電でお得!!イメージ1

節電でお得!!

太陽光システム導入により、自ら発電し、モニターを目で見て意識できるので、10~20%もの節電に成功している家庭もあります。
※あるご家庭で8月の電気代が18,000円だったのが14,400円に!なんと1ヶ月で3,600円もお得!

断熱効果でお得!!イメージ1

断熱効果でお得!!

パネルによる断熱効果でさらに光熱費がお得。

補助金制度ってあるの?

補助金制度でお得!!イメージ1

補助金制度でお得!!

山口県より、1kWにつき1万円の補助金が出ます。
※平均5~6kW程度、6kW取付けると6万円の補助金がでます。

・山口県が太陽光発電システムなどに関する新たな補助金制度を
 創設しました。


詳しくは
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15500/saieneh/saiene.html
をご確認ください。(2015年5月時点)

・国から設置費用に対して補助金が出ます。

・買い取りについて

経済産業省の指示により2009年11月からドイツに倣って日本でも「固定価格買い取り制度」がスタートしました!!自家消費分以上に発電した電気を電力会社が今の二倍で10年間の固定契約にて買い取ることを義務付けるものです。(10kw以上の設置をすると20年間)
さらに政府の2020年までに1990年比で温室効果ガス排出削減25%の目標を達成させるために管直人総理が、家庭の太陽光発電で生じた電力を電力会社がすべて買い取る「全量固定価格買取制度」を導入する考えを表明しました。太陽光発電のいっそうの普及を図り、地球温暖化対策を進めるのが狙いです。  これによっていままで20年から15年かかっていた償還期間(設備投資分を回収できる期間)が10年に短縮されるとされています。
経産省によると電力会社のコスト増大分は一般的な家庭から30円、将来的には50~100円程度電気料金を上乗せして回収される予定なので今太陽光を検討されている方は今が絶好の機会だと思います。
さらに今の政策上では「限定的に10年間」だけ倍額買い取りを義務付けるものです。なので、このグリーンニューディールの波に乗って太陽光発電システムを設置するほうが賢明なことはいうまでもありません。今からなら早く償却分を回収できるだけでなく、償却期間が終わった分はそのまま利益となります。
 これらのことからも太陽光発電システムがただの省エネツールではなくて創エネツールであることがご理解いただけたと思います。

・県の個人向け融資 年利1.9%→1.0%

太陽光システムを家庭に普及させるために山口県は発電システムを設置する個人向けの融資制度の利率を年1.9%から1.0%に引き下げました。
償還期間10年間。節電意識を持てば十分に光熱費削減と創エネの経済効果で太陽光発電システムの設置費用の元がとれる期間です。
詳しくは
https://eco.pref.yamaguchi.lg.jp/ondan/torikumi/yushi_taiyo.html
をご確認ください

ソーラーパネルの耐久性は?

ソーラーパネルイメージ1

ソーラーパネルの耐久年数

種類、設置環境にもよりますが、ソーラーパネルは20~30年。パワコン等の周辺機器については10年がひとつの目安になります。また、パネルの強度は、建物と同程度のため落下する心配はありません。落雷に関して、太陽光システムを設置したからといって雷が落ちやすくなることはありませんし、直接落雷の被害を受けるケースは極めて稀です。

施工技術は大丈夫なの?

県知事の建設業許可証イメージ1

県知事の建設業許可証を受けた電気工事店です。

官公庁との取引をメインに1976年の創業以来、地域密着企業として仕事に取り組んできております。
また、山口市内では、2店しかないシャープ特約店として、これまでに200件を超える設置実績を積み上げてまいりました。

メンテナンスはどうすれば?

県知事の建設業許可証イメージ1

工事後も責任を持って年2回の定期点検。

太陽光パネルや蓄電池にも家電と同様に寿命があります。湿気、熱は電子部品に悪影響を与えるため、日々の点検が欠かせません。セブンシステムでは年2回の定期点検を実施しており、万が一に異常が見つかったとしても早期に発見することができます。年2回の点検を行っているのは弊社だけ‼